加工工程

  1. 1.入庫

    入荷した生機は、反数確認後、
    準備工程に運搬します。

  2. 2.糊抜精練

    糊抜工程では、生機に付いた糊剤や
    油剤を熱湯と薬品で落として
    染色を容易にします。

  3. 3.漂白

    漂白を行い、染めのための下地を
    作ります。

  4. 4.染色

    反応染色で時間をかけて
    ゆっくり染めていきます。
    ※抗菌・ソフト仕上げ加工等を
    染色工程の最後に行うこともあります。

  5. 5.脱水

    染色で含んだ水分を
    ここで落とします。
    風合いをよくするために
    遠心脱水機で脱水を行います。

  6. 6.乾燥

    低温の蒸気でゆっくり乾燥することで
    風合いをよくします。

  7. 7.仕上げ

    消臭加工、光触媒加工等、機能加工を
    行います。

  8. 8.検査

    キズ、汚れ、斜行、色、染ムラ、
    巾、リピートなどを検査し、
    巻き取り、包装して出荷します。